認知機能障害予防の食生活のすすめ 秋といえばキノコ

ですね。

シイタケ、エノキタケ、エリンギ、ブナシメジ、ナメコ、マイタケ、マツタケ・・・・・。

秋という季節を感じさせるキノコたち。

キノコは、低カロリーで免疫力をアップし、脳までサポートするスーパーうま味食材です。

① 日本料理の要、出汁のベース

出汁食材といえばグルタミン酸源の昆布、イノシン酸源のカツオ節。しかし、どちらも出汁を取ったら鍋から上げてしまいますね。
その点、グルタミン酸だけでなくグアニル酸といううま味成分もとれるキノコは、おいしい出汁になりながらそのまま料理の要にもなってくれる食材です。
特に、干しシイタケにはグアニル酸とともに、昆布を超えるほどの量のグルタミン酸が含まれています。
複数のうま味成分が一緒になるとうまみが倍増することも知られています。
うま味がよく効いた料理は食塩量を減らしても、おいしいと感じます。キノコを出汁食材として日々の料理に取り入れれば、減塩にも役立ちそうですね。

② β-グルカンとビタミンDという2種類の免疫賦活成分

キノコは、多糖類(食物繊維の一種)のβ-グルカンとビタミンDという2種類の免疫賦活成分を含みます。
キノコのβ-グルカンは大麦(もち麦)の食物繊維の多くを占めるβ-グルカンとは構造が異なり、これまで主に免疫を高める作用が研究されてきました。
例えばシイタケに含まれるβ-グルカンでは、ある種の免疫細胞や抗体の増加作用などが確認されています。

ビタミンDは、各種免疫細胞を活性化し、抗菌物質を作ったりする働きを持つため、感染予防に重要な働きをしています。魚以外でビタミンDをとれる食品はキノコ類くらいしかありません。
魚に含まれるビタミンD3の方が、キノコに含まれるビタミンD2という形態より活性は高いのですが、もちろんキノコのビタミンD2も免疫や骨の健康維持などに役に立ちます。

キノコのビタミンDは紫外線に当てることで増えるので、キノコを買ってきたら、食べる前に2~3時間ほど天日干しをするのがお勧めです。
2時間の紫外線照射でキノコのビタミンDが20倍以上に増えたという実験データもあります。

③ 毎日の食事にキノコを取り入れましょう

世界で行われた17の研究(日本の研究3件を含む)計約2万人分のデータを分析したところ、毎日18gキノコを食べた人は食べなかった人と比較してがんにかかるリスクを約45%低下させました。
ちいさなシイタケ1本程度の量です。

個別のがんでは、特に乳がんにおいて、キノコ摂取量が多くなるほどがんリスクが低くなる傾向が見られました(Advances in Nutrition、2021年9月)。

宮城県大崎市の中高年男性3万6000人以上を13年追跡したところ、週に3回以上キノコを食べる人は、週1回未満の人に比べて前立腺がんにかかるリスクが17%低かったという研究報告もあります(International Journal of Cancer、2019年9月)。


認知機能障害予防の食生活のすすめ 秋といえばキノコ のご紹介でした。

認知機能が低下していても、人間はおいしいもの、季節のものを楽しむ感情は残っています。

認知症の方も家族の方も、笑顔で過ごすために、ファミリーイベントや、手を抜きつつ楽しく生活をお送りください。

当協会では、毎月4日に無料で登録できるメールマガジンを配信しております。

国内版 DISA NEWS JAPAN バックナンバーは こちら

海外の方に向けた 英語で発信する
◎ DISA NEWS ENGLISH の メルマガバックナンバー は こちら からご覧いただけます。


〇 当協会おすすめの安全安心な農家の皆様

認知機能障害予防の食生活のすすめ 新米(玄米) 片山農場

片山農場

農場主 片山 隆士
家族を中心とした小さな農家です。地元農家の人たちにも協力いただき少人数で栽培しています。
1町歩の畑で完全無化学肥料・無農薬で栽培した野菜と、3町歩の田んぼで栽培期間中農薬化学肥料不使用栽培の米(無農薬・無化学肥料米「にこまる」玄米価格:600円/kg)と、特別減農薬米を生産しています。

利益を上げるために敢えて自分たちの目が届く範囲での栽培を行い、少しずつできることとできる範囲を広げつつ、真面目に作物たちと向き合っている農場主が作った食材です。安心して召し上がってください。

所在地:埼玉県行田市渡柳1470-1
連絡先:090-1797-9313

■ 笠間自然薯研究会
元々、自然薯は自然に自生していました。そこで出来る限り“自然”に近いかたちで栽培する必要があります。有機肥料100%での栽培に徹底してこだわり、「土(土壌)」を自然に近い状態にして栽培しています。品評会にて科学的なデータ測定(食品衛生検査など)を行い、農薬や化学肥料などのチェックを行っています。厳しい内部審査基準を行うことで、品質に関しては自信をもっています。 安心してお選びください。
http://www.kasama-jinenjo.jp/

自然薯はなかなか入手しにくい食材です。
当協会にて安心しておすすめできる自然薯購入先をご紹介いたします。

直売所 住所: 茨城県笠間市手越418-2
※土日のみ営業 営業時間:9:00~日没まで
ネットショップ: https://kasama-jinenjo.shop-pro.jp/

自然薯 じねんじょ (会員限定 会報誌にてレシピを紹介)
滋養強壮や疲労回復効果のあるアミノ酸の一種『アルギニン』が多く、消化酵素アミラーゼが消化を促進。胃腸の働きを活発にし新陳代謝を促し血液の流れをスムーズにします。血管を拡張する作用があり、高血圧・動脈硬化・認知症改善にも良いとされています。タンパク質成分ディオスコリンには抗インフルエンザ作用があり、免疫力を上げることで予防効果が高まります。他にも、便秘・むくみ改善などの優れた効果のある栄養価の高い食材です。
(下記URLよりレシピをダウンロードできます)
https://disajp.org/media/uploads/2021/12/disa_jinenjo.pdf

その他、皆様の健康を願い、自分たちで実際に食べた食材、作ったレシピをご紹介してまいります。

©2022 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?