About Dementia Improved Support Association of Japan

We will also support improvement of Dementia.

認知機能改善サポート日本協会について

認知症高齢者などにやさしい地域は、認知症患者の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた環境で自分らしく暮らし続けることができる場所であることが望まれます。これを実現するために国を挙げた新オレンジプランの取り組みがスタートし、関係省庁の連携はもとより、行政だけでなく民間セクターや地域住民自らなど、様々な主体がそれぞれの役割を果たしていくことが求められています。

しかし、残念ながらそれぞれの役割は演じ切れていないように思われます。特に、認知症への対応に当たっては、常に一歩先んじて何らかの手を打つという意識を、地域全体で共有していかなければなりません。

一般社団法人認知機能改善サポート日本協会は新オレンジプランの政策を意識した認知症患者を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進や認知症の予防法、治療法、リハビリテーションモデル等の研究開発およびその成果の普及推進を地方自治体に対して、情報・施策の提供を図る組織として設立しました。また、研究開発により予防改善効果が確認されたものについては、速やかに普及に向けた取り組みを行うよう援助することを目的としています。

我々のビジョンは地域から認知症患者を撲滅することです

社会問題化している認知症問題を、地域ごとの対応だけで解決することは困難を極めます。我々は、国立大学、製薬メーカーを含む全国的なパートナーと協力して認知症患者の生活の質の向上に務めます。また、常に認知症予防や治療に効果のあるリソースを提供し、認知症への対処意識を高めるための認知ケア教育を行い、自治体、医療機関、介護施設と協力して地域が抱える認知症問題の解決を提唱していきます。

Organization

Association organization・協会組織

代表理事

Chief Executive

直井一雄(医療法人宇都宮新直井病院 前身の直井病院院長孫)

私たち認知機能改善サポート日本協会は、21世紀日本が国際社会で果たす役割は、「福祉立国」として世界のトップリーダーとしての責務を果たすことに他ならないと考えます。

戦後、軍事立国、経済立国、医療立国、観光立国と、その時々に合わせたといえば聞こえは良いですが、日本のトップは日和見政策に甘んじてきました。その歪(ひず)みが少子高齢化、認知症問題という人類の存続に関わる課題としてクローズアップされてきたといえましょう。

私たちは、地域の認知症患者ゼロを目標に、生涯現役(Never Retire)で働く喜びを持ち続け、その労働により生産・加工された「地域地産元気」という認知症改善・予防のための新たな価値を生み出す環境整備をサポートします。

私たちの活動は、日本全国の皆様と協力し、地域から国・・・そして世界へと、真の福祉立国日本として世界での新たなポジションを作り上げてまいりたいと思います。共に力を合わせてまいりましょう!

We, Dementia Improved Support Association, believe what Japan is expected to be in the global community this century should be playing a role as a world leader by being a welfare nation.

After the WW II, Japanese authorities opportunistically have been focused on various policies such as military, economy, medical services or tourism, with less consistency. This probably led to fatal social distortions now emerging as declining birthrate, aging society or dementia.

We set a goal of zero-dementia community and support to establish environments where people can continue to enjoy working without retirement, which produces new values, the local vigor, for prevention and relief of dementia.

We collaborate with many people in Japan to grow our activity from the local field to the international level and contribute to a new presence of our country as welfare nation. We would be happy to share the vibe with the people all over the world!

理事

Commissioner

福田敏男(市貝町事業推進担当)

日本では、65歳以上の人の数は、国内人口の1/4を占め、2025年には、65歳以上の人口の5人に1人が認知症患者になると予想されています。日本国内の人口の1割以上が認知症患者になる計算です。多くの負担を抱えた国となってしまうことは避けたいものです。世界では年間に990万人が認知症を発症しており、2秒に1人が発症している計算です。世界の認知症人口は、2015年は4,680万人と推定されていますが、2030年までに7,470万人に増加し、2050年までに1億3,150万人に増加すると予測されています。

栃木県芳賀郡市貝町は約154.5km2に、約1万2千人が住んでいます。平成30年を前に、まもなく住民の1/4は、65歳以上の高齢者となります。こうした現実の中、高齢者を弱者と位置付けるのではなく、共に町を支え育む仲間としていきがいをもって生活をしていただきたいと願っております。

いきがいのひとつに認知症予防・改善につながる労働と認知症の原因といわれる脳の血流をよくするための霊芝(漢方生薬)の栽培・加工・服用により、町の新たな産業を興し認知症ゼロの町第一号を目指します。

In Japan, one fourth of the population is over 65 years old now. In 2025, one fifth of the people over 65, which means more than one tenth of the whole population, is predicted to suffer dementia. We should prevent our country from bearing such huge burdens.

Worldwide, 9.9 million people develop dementia every year, which means a person get dementia every 3.2 seconds. The population of the demented is estimated to be 46.8 million in 2015, and predicted to grow to 74.7 million until 2030 and 131.5 million until 2050. (Source: “World Alzheimer Report 2015”, Alzheimer’s Disease International (ADI))

Ichikai Town, Haga Gun, Tochigi Prefecture has a population of 12,000 in 154.5 square kilometers. By 2018, one fourth of the population will be over 65 years old. It is our hope that the elderly are prepared to be strong and healthy and to live as comrades to support their town together.

One of the purposes in life is the labor which prevents and improves dementia. As part of our mission, we are aiming to establish the first town without dementia by creating new industry of cultivation, processing and taking the resulting medicine of Reishi ( Gonoderma lucidum ).

理事

Commissioner

宿利壽克(業務統括)

このたび、一般社団法人認知機能改善サポート日本協会の理事を仰せつかり、事務局長として業務統括を行っております。日本がこれから大きな課題として迎えるであろう、高齢化社会における認知症発症者の増加による様々な社会の歪みを、家族や地域・介護関係者と共に、生活の中で自分たちでできる認知機能改善のサポートに携わる役割をいただき、襟を正して取り組む所存でございます。何卒、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

Having received the honor of being appointed as one of the commissioners of the Dementia Improved Support Association of Japan, I supervise our operations as the secretary general.

After experiencing numerous works on establishing legal bodies, I am now fully prepared to commit to the support for dementia improvement, which each of us including the families, communities and nursing professionals can implement together in daily lives, aiming to alleviate various social problems caused by the increasing people with dementia in our aging society, which we believe to be the greatest challenges in the future of our country. I sincerely ask for your assistance and cooperation.

CONTACT US

以下のフォームに必要事項を入力し、送信ボタンをクリックしてください。

送信中

©2019 一般社団法人認知症改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?