誰もなりたくない 「認知症」

でも、いつか自分もなるかもしれない障害。

60歳以上の約5.5%が陥る認知機能障害です。

認知症を発症させる物質は、アミロイドβ(Aβ)、および、タウタンパク質であることが 近年の研究で判明しています。

 

しかし、この仮説に基づいた治療戦略は連敗続きでした。

Aβを標的とした最新の 失敗例 に、米イーライリリー(Eli Lilly)社の 抗Aβ抗体の ソラネズマブ(solanezumab)があります。

「そもそもAβ仮説が誤りだったのではないか?」

こんな疑念も生まれてきました。

Aβは短期間で分解され、睡眠中にほかの老廃物とともに脳の外へ排出されます。

しかし、脳の血流が滞り、酸素や栄養が不足することで、脳の神経細胞が死滅してしまいます。

ある症例では、酸素濃度 5%の低酸素状態で組織の Aβが過剰産生され、 Aβの分解を阻害していることがわかりました。

Aβは、細胞内の酸素を使ってエネルギーを供給する装置であるミトコンドリアを破壊する事も知られています。

 

大脳の Aβ沈着は 微小循環障害をもたらすことが分かっています。

これを脳のアミロイド血管病変(Cerebral amyloid angiopathy)と呼びます。

光華 – KOUKA は、この 微小循環を改善する霊芝を原料 としております。

うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある! 霊芝

特に、日本国内で生産されている霊芝の中でも、菌の特許、生産過程の特許、加工方法の特許を取得している、最高かつ良質で高品質な霊芝を使用しています。

しかし、微小循環の改善だけでは 治癒できない認知症もあります。

それが、うつ病 パーキンソン病 との併発、あるいは、 偽性認知症 の場合です。

「うつ病」になると、考える速度が遅くなり、一つの物事に意識を集中し続けるのが困難になります。

また、自覚症状として物忘れを感じることがありますので、認知症と間違われることがあります。

これを 「偽性認知症」 といいます。

物忘れを治療するのなら、原因がうつ病でも認知症でも同じだろう、と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、解決は簡単ではありません。

本当は うつ病 なのに 認知症 として薬剤治療を受けたことが原因で、かえって症状が悪くなることがあります。


うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある!

パーキンソン病は、脳内のドーパミンという神経伝達物質が減少し、脳から体を動かす指令をうまく伝えることができず、

手が震えたり、手足がこわばったり、小刻みに歩いたり、動作が鈍くなります。

不眠 ・ 不安 ・ 憂うつ といった 精神症状も高頻度に出現し、

半数近くの人が うつ状態うつ病 を合併することが明らかにされています。

英イーストアングリア大学の研究チームが、一部の 抗コリン薬 を大量摂取した患者に

認知症が多いことを突き止めました。

(英語記事 Dementia risk linked to some medicines

2006年 4月から 2015年 7月の間に 認知症と診断された 65~99歳 の 4万770人 を調査したもの。

2700万枚に上る処方せんも分析しており、認知症の関して抗コリン薬の長期的な影響を調べた研究としては最大規模のものとなりました。

アルツハイマー協会から資金提供を受けた研究の結果は、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル で公表されました。

抗コリン薬 は、 うつ病パーキンソン病ぼうこうの病気 などに処方されています。

そして、長期間のみ続けると認知症のリスクを高める可能性があることも分かりました。


セロトニンの役割

うつ病やパーキンソン病は、脳内ホルモンであるノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンを適切にコントロールすることが重要です。

特に、セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンが過剰にならないように調節し、ホルモンを調節して安定をはかります。

セロトニンは精神の安定、安心感、平常心、直観力、など脳を活発に働かせてくれる脳内物質です。

そして、ストレスに対して効果があり、精神安定剤とよく似た分子構造です。

うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある! ことを 皆様に知っていただきたいと思います。

私たち、認知機能改善サポート日本協会では、学術研究顧問の森昌夫教授が研究開発した「アンチストレス」サプリメントをお勧めしています。

うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある! アンチストレス

アンチストレスの成分は、ラフマエキス、甘草エキス、イチョウ葉エキス、ビール酵母を含み、安心できる原料を用いています。

ラフマエキスは中国の薬草で、ラフマ葉には毒性成分がなく、ラフマ葉抽出物にはセロトニンを増加させる働きがあります。

加えて、イチョウ葉に含まれるフラボノイドは活性酸素やフリーラジカルの消去作用や血小板凝集抑制、炎症細胞からの活性酸素の発生を抑制します。

(活性酸素は脂質の過酸化、血小板凝集、炎症反応に関与しています。活性酸素は、細胞を傷つけ生活習慣病や老化を促進します。)

錠剤配合成分の効用

1. 甘草エキス(グリチルリチン) 臨床応用: 動悸 / ヒステリー / 咽喉炎症 / 咳 / 中毒(食物、薬物)治療 / 腹痛 / 肝臓保護 / 副腎皮質機能低下 / 皮膚炎症 / 薬物の調和 などに使われている。
2. イチョウ葉エキス 臨床応用: 脳血管障害後遺症 / 痴呆補助治療 / 気管支炎 / 鎮静 などに使われている。

アンチストレスのエビデンスについては、こちら をご高覧ください。


◎ 世界初! 脳内セロトニンを増やし活性化させる生薬サプリメント

生薬原料であるラフマ葉エキスは、セロトニン前駆物質* ではなく、セロトニン神経に刺激を与え、脳内のセロトニンを増やし、セロトニン神経の透過性を向上させます。
セロトニン前駆物質*(化学物質において、その物質が生成する前の段階の物質のこと)

<セロトニンとは>
セロトニン(英: serotonin) 別名 5-ヒドロキシトリプタミン(英 : 5-hydroxytryptamine、略称 : 5-HT)
必須アミノ酸トリプトファン から生合成される 脳内の神経伝達物質のひとつ
動植物に広く分布する 生理活性アミン、 インドールアミンの一種。
名称は serum(血清)と tone(トーン) に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられました。
ヒトでは ドパミン・ ノルアドレナリン を制御し 精神を安定させる働きをするほか、 生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与。

興奮や緊張物質であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を抑え、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、「幸せ脳内物質」と称する方々もいます。
精神を安定させる作用や睡眠の質を向上させる作用があります。

セロトニンは年齢と共に、また、ストレスにより減少することが分かっております。
特に女性のセロトニン総量は、男性と比較すると約52%しかありません。

脳内のセロトニン不足からストレス症候群(イライラ、不眠、便秘、胃痛、頭痛、PMS、慢性疲労、血行不良、冷え性、糖分の摂りすぎ、過食やたばこなどの依存症的な行為など)を招くといわれています。
セロトニンを増やすことは、心身のバランス、自律神経及びホルモンのバランスの調整に役立ち、ストレス症候群の緩和・解消に役立ちます。

◎ 薬物への相互作用がなく 他の薬や食品と一緒に服用できます

セロトニンを生じさせる、あるは活性化させるサプリメントの原料として、セントジョーンズワート や GABA も多くの場所で紹介されています。

アンチストレス は、こちら でご紹介した 森昌夫教授の研究発表にもあるように、他の薬物や食品と併用して服用でき、長期継続の可能なサプリメントです。


うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある! 副作用や効能に注意が必要なサプリメント

セントジョーンズワート

多くの場合、うつ病の症状緩和を目的として摂取されますが、花に含まれる赤い物質には、ヒペリシンやヒペリフォリンなどの生物学的に有効な多数の化合物が含まれています。
起こりうる副作用として、日光過敏性を高める。消化管症状。疲労。双極性障害を有する人での躁状態などがあります。
妊婦は、子宮の筋肉の緊張が強くなり流産のリスクが高まるため摂取しないよう注意されています。
セントジョーンズワートに関する大きな問題の1つは、いくつかの薬と有害な相互作用を起こす可能性があることです(可能性のある主な薬用ハーブと薬の相互作用)。
こうした相互作用の結果、毒性反応が生じたり、薬の効果がなくなったりすることがあります。

GABAは「血液脳関門」を通過できない!

私たちの脳は、他の臓器と違って簡単に外からの成分が脳内に入り込まないように守っている関所のような場所があります。
これを「血液脳関門」と呼んでいます。
血液と脳の間にある血液脳関門が、血液中の物質を簡単に脳に通さない仕組みを作っています。
脳は、より良い状態を保つために脳に入れる物質を自ら制限しています。
そして、GABAはこの血液脳関門を通過できないことが分かっており、体外からGABAを摂取しても、それが抑制性の神経伝達物質として直接脳内で使用されることはないのです。
GABAが配合されたトクホ製品は、すべてが「血圧が高めの人への効果」です。
また、医薬品にもGABAを含むものがありますが、脳血流を改善する効果は記載されていません。
医薬品として処方される場合は、頭部外傷後遺症にともなう諸症状の改善効果となります。

※ GABA を摂取されている方は、微小循環改善による 認知機能障害改善用組成物 光華 – KOUKA をおすすめしております。


その他 参考 : 日本生理人類学会誌 VoL.14 No3 2009年 8月

唾液クロモグラニンA濃度測定によるγ-アミノ酪酸とラフマエキスのストレス低減効果の検証

陽東 藍,  石原 茂正,  李楊 金緯,  Veronica BUTTERWECK,  横越 英彦

静岡県立大学の学生 被験者 男子学生(12 名) 実験に参加

ラフマは「中華人民共和国薬典」に
心臓病 ・ 腎炎 ・ 高血圧 ・ 不眠症 ・ 神経衰弱
などの 治療薬として収載されており、
心を安定させる茶葉として 中国で利用されてきた 。

近年では、動物実験において ラフマエキスのリラックス効果について、
ラフマ茶の アルコール抽出物投与は 抗うつ作用を示す可能性があるという報告や、
抗不安作用を示す可能性があるという報告がある。

しかしながら、ヒトのストレス低減効果に関する研究報告は まだない。
ラフマエキスは GABAA受容体 (GABAAR : ギャバ・エーレセプター あるいは ギャバ・エーじゅようたい) の作動剤
として作用すると示唆されていることから GABA と ラフマエキス の同時摂取により、
リラックス効果が増強されることが期待される。

精神ストレスの評価について

自律神経系の非侵襲的生体計測指標の一つに、ヒト唾液の生化学的分析、特にクロモグラニンA (CgA ) 及び コ ルチゾールの濃度変化が用いられている。

CgA は 副腎髄質クロム親和性細胞や交感神経ニューロンから分泌される主要なタンパク質の一種で、
ストレス反応で交感神経一副腎髄質系と深く関連し、
微弱な精神的ストレスに対しても早期に反応する優れた指標と考えられている。

コルチゾールは副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、
比較的に強いストレス、身体的または慢性的ストレスを反映する指標として利用されている。

結果

うつ病やパーキンソン病との併発が原因の認知症 解決策はある! CgA

主観評価アンケートにより主観的気分の変化は見られなかったが、
GABA と ラフマエキスの 同時摂取により、摂取後 30分後に 人為的に負荷した精神的ストレスを抑える効果が
より顕著に現れることが確認できた 。

 

 


当協会では、毎月4日に、認知機能改善にお役立ていただけるメールマガジンを配信しております。

TOPページ にございます 無料メールマガジン登録フォームよりご登録をお願い申し上げます。

当サイト 最新の おしらせ については こちら をご高覧ください ➡ 「おしらせ


光華 / アンチストレス ご購入希望の方は、当協会の目的・理念に賛同し、認知機能改善に有効な高品質霊芝のサプリメント「光華」の啓蒙・販売をしている 「DIS SHOP」より、ご購入ください。

光華 ご案内ページ は こちら

アンチストレス ご案内ページ は こちら

 

©2022 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?