認知機能改善サポート日本協会 直井理事長 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆さまのご厚誼に感謝申し上げます。

日本は精開一の高齢化率、昭和25年には5%にも満たなかったのですが、
平成30年10月1日現在、28.1%に達しています。
2025年には5人に1人が認知症になるとの推計がございます。

令和に年号も変わり、世の中の動向も大きく動き出したように感じられます。
中でも、認知症問題は看過できない課題です。
私共の活動が、一人でも多くの認知症の改善、治療にお役に立てることが最大の願いです。

今後とも、皆さまのご協力、ご支援をお願い申し上げますとともに、
皆さまのご健勝、ご多幸をお祈り申し上げます。

直井 一雄


New Year’s Greeting from Kazuo Naoi, the Representative Director of the Cognitive Function Improvement Support Association of Japan

Happy New Year!
We appreciate your cordial friendship during the past year.

Japan is now facing the world highest elderly rate of 28.1% as of October 1, 2018, which kept rising from below 5% in 1950.
A statistics says one out of 5 citizens will live with dementia in 2025.

As we’ve entered into the new era of Reiwa, everything seems to start dramatically shifting.
In those changes, the problem of dementia is one of the crucial aspects that cannot be overlooked.
Our greatest hope is to reach and help more people living with dementia for cure or relief of symptoms.

Thank you for your continued cooperation and support.
We sincerely wish you all good health and happiness.

Kazuo Naoi

 

©2020 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?