当協会に 学生の方から お問合せをいただきました

 

ヘルスケアの問題をテーマにした活動に参加されている

学生の方から、当協会に 下記のようなお問合せをいただきました。

 

先天性難聴者と認知症 の関係について、課題解決の模索をされているようです。

 


 

お問合せ内容

① 先天性難聴で認知症の方の解決策を見つけたいと考えています。

② 先天性難聴の人が認知症になったらどのような行動を起こしますか?

③ また、周りの人は手話を知らないことがほとんどだと思いますがどうやってコミュニケーションをとればいいですか?

④ また、認知症の人でも社会に貢献できる取り組みはどのようなものですか?

⑤ 難聴で認知症になりそうな人はどのように発見することができますか?

 


 

当協会の回答

 

お問合せ ありがとうございます。

学生さんの とても研究熱心な姿勢 素晴らしいことと存じ上げます。

当協会が お役に立てることがあれば幸いです。

なお、当協会及び 研究開発協力をいただいております

康復医学学会は 病理学を専門とはしておりませんことを

ご承知おきください。

 

認知症改善サポート日本協会 inochi学生フォーラム 問合せ

我々は、国内のみでなく、世界的に 認知症患者ゼロ を目指して取り組んでおります。

現在は 栃木県の市貝町にて 町と協会が一丸となり、

認知症患者様と そのご家族 地域と連携し

認知症ゼロの町作りの モデル確立のために 努力しております。

 

特に 先天性難聴という症状を お持ちの方に限らず、

すべての認知症の方に対し 認知症改善に 役立つことを ご提供させていただいております。

 

当協会ウェブサイトに 先月掲載いたしました

「康復医学学会発表 『光華』(KOUKA)の有効率は100%

に ございますように、

当協会が 認知症改善のために 非常に有効であろうと、

皆様に お知らせしておりますのは、

康復医学学会(健康を回復するための学問の追求が行われている学術研究会議団体)の

森理事長による

『光華』研究開発において 霊芝の使用により脳神経細胞の再生が認められ、

認知症改善効果が期待できる

という点であり、康復医学学会では、

『光華』の有効率 100% という発表もなされております。

 


 

① の 先天性難聴かつ認知症の方 という症状の方につきましては、

当協会では、認知症という すべての方に対しての 取り組みでございまして、

特に 重度認知症の方には 100%の有効率となっております。

先天性難聴の方に限らず、

すべての認知症の方や ご家族の方の解決策が ここにあると考えております。

 


 

② 先天性難聴の方が 認知症になった時の行動につきましては、

確かに、医師により 認知症という病名が診断されますが、

当協会では 認知症の方も 一個人 という考え方で、

お一人お一人に 個性があることを 尊重しております

ですので、どのような行動を取られるのか ということは 千差万別で、

ネット上や 書籍にまとめられているような 一般的な認知症の症状をお調べいただくか、

難聴の専門医にお尋ねされると よろしいのではないかと思います。

当協会では こうした個性を尊重するために、

人体の仕組を基礎にした生理学的見地から、

『光華』に含まれる 霊芝使用による脳神経細胞の再生によって、

認知症改善効果が期待でき 認知症特有の行動を 自らの力で改善すること

を願っております。

 


 

③ 手話の認知は高まっており 手話の普及活動も 大変に活発になっていると感じております。

(特に 皇族の皆様の取り組みには 尊敬の念を抱きます)

先天性難聴や 認知症の方とのコミュニケーションについては、

相対する互いが、伝えよう・伝えたいという意識(つまり相互理解の気持ち) をもつことが 重要ではないかと考えます。

技術的なことや 手話普及活動については そうした活動を行っておられる団体に お尋ねになられてはいかがでしょうか。

 


 

④ 認知症の方の 社会貢献につきまして、

当協会では 『光華』の売上利益の一部を使い 各地に認知症カフェを作るという目的がございます。

 

『光華』を飲み、認知症ゼロとなった町や村で、

『光華』の原料を作り、加工し、服用し、認知症が改善された皆様が、

長年作られてきた家庭料理などの食事提供し、

貧困の子どもといわれる世代から高齢者までに、

無料で食事のできる場所作りを目指しております。

町や村が、認知症ゼロになることで 社会生活が循環し、

子どもから大人までが、労働と分度という 二宮尊徳のいう「報徳」が行われることが可能になることが 社会貢献であると考えております。

当協会では、こうした社会貢献のための 究極の社会貢献は 認知症が改善することにある という信念で 活動しております。

 


 

⑤ 難聴で認知症になりそうな人の発見 という言葉の使い方に 違和感を覚えますが、

認知症に限らず その方の変化を感じるのは、

身近な家族や近所、かかりつけ医など、

ご本人と 生活上でも 密なかかわりをもつ方の 感覚の鋭さ・・・

つまりは、その方に 関心をもっている方が多いほど 早く変化に気づけます。

当協会へのご相談者様も、やはり、ご家族からのお問合せが 非常に多いです。

 


 

ご利用者様の症状や改善状態などは、守秘義務がございます。

数多くのご利用者様の中で、

協会趣旨に賛同し、

ご自身の改善事例が 多くの方に役立ててもらいたいと言われる方のみ、

個人情報を守りつつ、協会ウェブサイト掲載の許可を得た方の

お声を掲載させていただいております。

 

学生の皆様が 認知症の改善に 深い興味をもっていただくことは

当協会でも 非常に喜ばしいことと感じております。

 

人にかかわることは 知識や研究だけで 解決するものではございません。

机上の空論を どれだけやり取りしても 真の解決に向かうことはあり得ません。

 

当協会では、多くの現場や家庭、地域の取り組みの難しさを目にし、耳にし、実感し、

真に 認知症問題を解決するためには、

認知症の改善こそが 究極の解決策であると考え

康復医学学会の 研究成果を元に、

認知症改善サポート日本協会として 日々、努力を重ねております。

 

我々は 認知症の方を抱え、日々、ほんとうに 悩み苦しんでいる方々の姿を拝見し、

一人でも多くの方に 日常を取り戻していただく 努力を重ねております。

僅かな時間でも、一人でも多くの方の苦しみを 軽減するために 使いたいと考えております。

社会貢献とは、学問では発見できない現実の社会にあるということを 知っていただけましたら幸いです。

 

 

We received the following questions from students to DISAJP.
1) We are studying congenital hearing loss related to dementia and are trying to find the solution.
2) What behavior do you see in congenital individuals in the initial stage of dementia?
3) With related caregivers that don’t know sign language, how do they communicate?
4) What is the current research on systems that support those suffering from dementia and their positive contribution to society?
5) How do you find early dementia with congenital hearing loss?

We, as an Association, tackle “ dementia zero “ not only domestically but worldwide. A current example, Ichikai Mach in Tochigi Prefecture, we associate with the town, the dementia patients and their families, in the local area, where we are taking efforts to establish a model of a town making with zero dementia. We offer benefits to help in improving the conditions of dementia, not only to those suffering from congenital hearing loss but all dementia people. Please take a look at our website. The efficacy ratio of “ KOUKA “ is 100% by The Society of Restoration-of-Health Medicine. - http://disajp.org/2017/07/26

Our Association, through an announcement by Mr. Mori, the chairman of the board directors of The Society of Restoration-of-Health Medicine Society, released information that “ KOUKA” may be very effective in the improvement of dementia. A study and related development shows that the reproduction of brain neuron was recognized by using Reishi, and general improvement of dementia indications is expected. The Society of Restoration-of-Health Medicine Society announced efficacy ratio is 100%.

We, as an Association, tackle dementia regarding all associated conditions – not only for those with congenital hearing loss. Especially related to those patients with severe dementia, it could exhibit an efficacy ratio 100%. We consider this to be a viable solution for all those that suffer from dementia.

As doctors diagnose the disease and refer to it as dementia, we as an Association, respect each person and his or her individuality. Therefore, it is critical to realize that each person’s behavior is different diverse and it is important to respect each individual. Our Association hopes to improve behavior from dementia by focusing on the individual from the physiological standpoint taking into consideration on human functions and to rebuild the brain neurocell by using Reishi in “KOUKA”.

The acknowledgement of the benefit of using sign language is increasing and the related promotional activities are becoming significant ( this has been a special endeavor of members of the Imperial Family ). Paying attention to the importance of clear communication with those suffering from congenital hearing loss or dementia people is critical. It is very important that both sides have an awareness of the importance of the desire to communicate and the associated mutual understanding.

Concerning the issue of the contribution to be made to society by people suffering from dementia, we as an Association have the goal of initiating the establishment of dementia cafes in various places by using part of the profits from the sales of “KOUKA”. There are a number of towns and villages that are realizing a reduction of dementia by taking “ KOUKA “. They are processing KOUKA and finding new ways to incorporate them into their lives. Individuals who have recovered from dementia are found to be making dished which they serve to their families and provide free of charge to other local residents comprised of poor children to elderly. The objective is to have towns and villages that are dementia zero, from this social interaction and the ability to provide these meals for free is considered as a significant contribution to society. Our Association believes strongly in the concept that the ultimate social contribution is that people suffering from dementia will improve their personal and familial conditions and thus, be able to be active and contributing members of the community.

It is recognized that there is a sense of discomfort when one begins losing the ability to use words or realizing that they are becoming hard of hearing as a result of dementia. These type of indications can be recognized by close family members, neighbors or family doctors – with more people paying attention, the sooner the changes will be noticed. As one would expect, most of the people who wish to have consultation by our Association are family members.

We have confidentiality on specific symptoms or conditions of our users. However, on our website you can see some testimonials we have posted with consideration for the privacy, which came from exceptional users who endorse our objective and generously permitted us to make their cases open to many others for helping them.

It is very heartening to know that students are interested in studying and improving upon conditions resulting from dementia. It is not just knowledge or research regarding human beings that will solve this issue. The real solution will not come from promoting and circulating theories. At our Association, on a daily basis we face the associated difficulties impacting individuals, their friends and families, and local communities. In order to resolve the large and growing dementia problem, there is a need to improve the general conditions associated with dementia, based on the research conducted by the Society of Restoration-of-Health Medicine; and we, the Dementia improved support Association of Japan, are making efforts every day. On a daily basis, we interact with individuals whose family members are suffering from dementia – and they really suffer every day! We hope to be closely involved in helping all of them to get back to a normal life. Even with just a small contribution of time, we hope to mitigate some of the suffering – at one person or family at a time. Impactful social contribution will result from society recognizing the needs of the entire holistic impact of dementia on society and embracing those methods into their daily lives. We will be achieving our goal if people take positive action instead of just expecting research and knowledge to solve the problems.

 

 

 

©2019 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?