DISAJP プロダクト 「光華」の意外な効用 についてお知らせいたします。

 

認知症改善サポート日本協会 プロジェクト「光華」で 血圧正常になった と喜びの声

 

康復医学学会発表 『光華』の有効率は100% で お伝えいたしましたように、

適切に お飲みいただいた方々は、

認知症の症状以外にも

糖尿病や高血圧などの 合併症を 持っていらっしゃることが多く、

「光華」の意外な効用 で、これらの病状が 改善されたと 大変に喜ばれております。

 

「光華」の意外な効用 : 血圧が正常になった

高血圧は、体調や精神状態に悪影響を及ぼし、

また、糖尿病も検査値の悪化が進めば、

インスリン注射や人工透析を余儀なくされます。

このリスクを改善し 認知症の症状に加えて、

体調の悪化を防ぐことが、日常生活の質を高めることになります。

 

認知症が 現在の病理学で 取り組むと うまくいかないのは
これは 《老化》 であり 《病気》 ではないので
【生理学】 で考えるべきことだからです。

首には 《血液脳関門》 があり 異物が脳内に入らないようにできています。
つまり試験官内の実験で効果があっても 薬(異物)の人体に対する影響は極端に小さく、

これが製薬会社が 失敗する大きな原因となっています。
生理学で生薬専門に研究することで

この問題は解決できます。

つまり人体に対する影響が非常に有利なのです。

これまでの事例で

1ヶ月以内で認知症に対する有効性は100%、

完治率は3ヶ月で70%になりました。

 

この 意外な効用 については、

実は、当初より、予測されておりました。

 

認知症改善 は もちろんですが、
こうした血液の流動で 起こり得る症状の改善が、
健康寿命に 大きな影響を与えていると考えます。

認知症の原因は明らかにはされていませんが
生活習慣病やうつ病の影響も非常に大きいとされています。

「光華」の意外な効用 が、これらの病気の数値の改善につながっていることも納得いただけるのではないでしょうか。

薬を脳に運ぶために、微小循環が大きな役目を果たしており、

その役目を担っているのが、微小循環の働きを手助けする良質な霊芝成分を含有する「光華」です。

 

脳関門について:血液脳関門 – Blood Brain Barrier : BBB の働きについて

「光華」の意外な効用 脳関門

 

参考 : 日本脳科学関連学会連合 「脳を守るバリア:血液脳関門」

 

 

©2024 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?