サシバのさっちゃん を ご存知ですか?

 

さしばの里 いちかい のご紹介

 

当協会が推進する「認知症ゼロの町」プロジェクトにご賛同いただき、

 

共にスタートを切った栃木県芳賀郡貝町市貝町では、

 

アジアを旅する渡り鳥である「サシバ(差羽・鸇)」(タカ目タカ科サシバ属に分類される鳥。別名大扇(おおおうぎ))

 

が好む水田や林の入り組んだ里地里山の環境を大切に守り続けるために、

 

「さしばの里」づくりのために、自然保全・再生を行っています。

 


 

ichikai-sashiba

 

サシバは、 タカの 仲間で、 春から 夏にかけて 日本に 繁殖に やってくる 渡り鳥 です。

 

体長は 約 50 ㎝ で、 翼を 広げると 110 ㎝ ほどに なり、 カラス より 少し 小さい鳥 です。

 

体の 上面は 赤味のある 褐色で、 顔は灰色、 喉に 太い縦斑が 1本 あります。

 

胸は 褐色で 腹には 褐色の 横斑が あります。

 

メスは オスに 比べ 少し 大きく、 白い 眉斑が あることが 多いです。

 

主に 水田や 林の 入り組んだ 里地 里山の 環境に 生息し、

 

カエルや ヘビ、 昆虫類などを 食べ 生活しています。

 

市貝町と その周辺地域は サシバの好む 環境が 多く、 非常に 高い 密度で 生息しています。

 

そのため、 生息密度 日本一 と いわれています。

 

しかし 近年では、 都市開発や 農地整備による 環境改変、 耕作放棄などにより 生息環境が 悪化しています。

 

そのため、 日本の 絶滅の 恐れのある 野生生物の種を まとめた 国の レッドリストでは

 

近い将来における 野生での 絶滅の 危険性が 高いとされる 「絶滅危惧Ⅱ類」 に 指定されました。

 

市貝町 においても、 同様な 理由に より 生息数の 減少が 懸念されています。

 

( 道の駅 さしばの里 いちかい 「サシバとは」 より )

 

 

鷹の 仲間 と して、 鋭い爪 と くちばし が 特徴です。

 

渡りの 際には、 ノンストップで  12時間 飛び続ける そうです。
その 強そうな姿と 裏腹に 「ピックィー、 ピックィー」 と 愛くるしい鳴き声で 啼きます。

 

現在の 日本では 禁猟であり、 捕えると 処罰対象になります。

昔は、 素手で 捕まえたり、 子どもの 遊び相手 にも なっていたそうです。

 

 

「サシバのさっちゃん」は、 サシバの里を PR するために 誕生しました。

 

市貝町の 豊かな自然の中で 子育てをする タカの一種 「サシバ」 の親子が モデルに なっています。
白い眉毛がチャームポイント。

2羽のかわいいこども 「イッちゃん」 、「カイちゃん」 もいます。
★ 性格 : 優しくて、 いつも元気 !
★ 好きなこと : 子育て

 

認知症改善サポート協会でも、 サシバのさっちゃん の ように

家族が、 いつでも 笑顔で 楽しく 生活を 送ることが できるよう、

プロジェクトの サポートを 行ってまいります。

 

どうぞ、 よろしく お願い 申し上げます。

 

 

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©2019 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?