このたびの 新型コロナウイルス 感染症に罹患された皆様、
感染拡大により生活に影響を受けられた皆様に、
謹んでお見舞い申しあげます。

平素、当協会活動へのご理解、ご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス 対策の特別措置法に基づく、感染拡大を防ぐための全国緊急事態宣言が、
4月16日夜、政府より発令されました。

各地域の流行を抑制し、特にゴールデンウィークにおける人の移動を最小化する観点から、
全都道府県を緊急事態措置の対象とし、 5月6日まで
すべての国民に対し不要不急の移動を自粛するよう呼びかけております。

 


首相官邸 新型コロナウイルス 自粛
(出典:首相官邸)

政府は、7都府県に出されていた緊急事態宣言を全国に拡大しました。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大を防ぐため、外出の自粛を呼びかけ、人との関わりの削減を促しています。

期限は4月16日から5月6日まで。

7日から東京、神奈川、大阪などの7都府県に宣言が出されていたが、全国の都道府県に拡大。
「北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県および京都府の6道府県については、現在の対象区域である7都府県と同程度にまん延が進んでいる」(安倍総理)とし、
それ以外の都府県についても、都市部からの人の移動などでクラスターが各地で発生、感染拡大が生じています。

そのため、地域の移動を控え、
特にゴールデンウィークにおける移動を抑制する目的で、
すべての都道府県で不要不急の帰省や旅行を絶対に避けるよう要望。

域内の観光施設への人の集中の場合は、入場制限を求めるなどの対応を呼びかけています。

安倍総理は、
「緊急事態を5月6日までで終えるためには、最低7割から8割の人の接触抑制が必要」
として協力を呼びかけました。


安倍総理発言

本日、諮問委員会からも御賛同を頂き、
4月7日に宣言した緊急事態措置を実施すべき区域を、
7都府県から全都道府県に拡大することといたします。
実施期間は、5月6日までに変更はありません。

まず、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県及び京都府の6道府県については、
現在の対象区域である7都府県と同程度にまん延が進んでおり、
これら以外の県においても、
都市部からの人の移動等によりクラスターが各地で発生し、
感染拡大の傾向が見られることから、地域の流行を抑制し、
特に、ゴールデンウィークにおける人の移動を最小化する観点から、
全都道府県を緊急事態措置の対象とすることといたしました。

今後ゴールデンウィークに向けて、
全ての都道府県において、
不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいで人が移動することを、
まん延防止の観点から絶対に避けるよう、
住民の方々に促していただくようお願いします。

また、域内の観光施設等に人が集中するおそれがあるときは、
施設に対して入場者の制限を求めるなど、
適切な対応をとるようお願いいたします。

繰り返しになりますが、
この緊急事態を5月6日までの残りの期間で終えるためには、
最低7割、極力8割の接触削減を何としても実現しなければなりません。

国民の皆様には御不便をおかけしておりますが、
更なる感染拡大を防止するため、
引き続きの御協力を何卒よろしくお願いいたします。

今回、緊急事態宣言を全国に拡大することによって、
全ての国民の皆様に更なる御協力を頂くことになります。

緊急経済対策においては、収入が著しく減少し、
厳しい状況にある御家庭に限って、
1世帯当たり30万円を給付する措置を予定しておりましたが、
この際、これに代わり、更に給付対象を拡大した措置を講ずべきと考えます。

今回の緊急事態宣言により、
外出自粛を始め様々な行動が制約されることとなる
全国全ての国民の皆様を対象に、
一律、1人当たり10万円の給付を行う方向で、
与党において再度検討を行っていただくことといたします。

この国難とも言うべき事態を乗り越えるため、
政府、地方公共団体、医療関係者、専門家、事業者、
そして全ての国民の皆様、正に日本全体が一丸となって取り組んでいくしかありません。

各位にあっては、本日決定した新たな基本的対処方針に基づき、
引き続き対策に全力を挙げてください。


 

新型コロナウイルス 感染拡大防止に伴う当協会対応についてご案内いたします。

※状況によっては対象となる項目が順次追加となる場合がございますので、
あらかじめご了承ください。

 


 

■ お問合せについて

・メール / お問合せフォーム / FAX の受付は24時間対応いたします。(返信は一両日中に行います)

・電話 受付は、社員の感染予防のため、テレワーク・フレックス勤務のため、不在となります。

ご連絡は、光華販売会社「DIS SHOP(ピュア株式会社)」 – TEL:070-3528-1400 – に ご連絡をお願い申し上げます。

こちらの電話番号が不在の場合、留守番電話にメッセージ(お名前・折り返し可能な電話番号をお伝えください)をお残しください。

当日中に 折り返しのご連絡をさせていただきます。

 


 

■ 光華治験について

国内のKOUKA治験は、通常通り、発送を行います。

但し、配送センター、配送業者(宅配業者等)の新型コロナウイルス感染拡大防止対策により、
配送の遅延等が生じた場合には、個別に(またはウェブサイトを通じて)ご案内申し上げます。

海外向けのKOUKA治験(Clinical Trial of Kouka)は、
現在、世界各国の入国規制・郵便事情の悪化などで、遅延及び配達中止となっております。

COVID-19の流行が沈静化した上で、再度、治験参加募集をさせていただきます。

 


 

■ 当協会事務局の感染拡大防止のための措置

・事務局社員の健康維持のため、緊急事態宣言による政府からの自粛要請を受け、基本、テレワーク・フレックス勤務とさせていただきます。

・各事業担当者は、総合事業統括主任と連携を取っておりますので、お客様からの連絡に滞りのないよう最大限の対応をさせていただきます。どうぞ、ご安心ください。

 


 

お客様には大変ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、当協会研究開発商品「光華(KOUKA)」 ネットショップ「DIS SHOP」のご利用に関しましては
影響ございませんので、安心してご利用ください。

 

罹患された皆様の早期回復と感染の早期終息を心よりお祈りいたします。

 


Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE
制作:米国ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター (CSSE)
2020年4月20日現在
新型コロナウイルス ジョンズホプキンス大学の感染マップ

 

 

©2020 一般社団法人認知機能改善サポート日本協会

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?